法定後見制度には種類があります

 

 

保佐は、認知症や知的障害等により判断能力が著しく不十分な人を保護、支援する制度です。この制度を利用すると借金や不動産売買の際に保佐人の同意が必要になります。保佐人の同意を得ないで行った行為は、保佐人によって取り消す事ができます。但し、日用品の購入は取り消しの対象にはならないです。

 

 

補助は、軽度の認知症や精神障害等により物事を判断する能力が不十分な人をサポートする制度です。この制度を利用すると、家庭裁判所の審判によって、特定の法律行為について、家庭裁判所が選任した補助人に対して同意権、取消権、代理権を与える事ができます。制度によって当事者や代理人ができる事は異なるので注意が必要です。

 
これらの制度は、高齢者や障害者といった自分の声で自身の権利や思いを訴える事が難しい人を支援する制度として重要です。これらの制度がある事によって、代理人が彼らの代わりに彼らの権利や思いを主張でき、社会で安定して暮らす事ができます。もし、これらの制度がなければ、高齢者や障害者は、誰しもが行使できる権利を行使できず、社会で生きにくさを感じながら生活を送る可能性が高いです。

 
これらの制度は、社会的弱者を守るために必要不可欠なものです。